ローンや保険のポイントを抑えて賢く利用する

見直しの必要性

万全と言われても数年経つと見直しした方が良いと言われる

保険に加入をする時に、これで万全だと思っていても、他の保険会社の人が見ると、ここをもう少し変えた方が良いなどと言われ、何が正しいのかが分からない、不信感を抱いてしまうという方もいるのではないでしょうか。 日本の保険加入率は95%前後で保険会社は熾烈な競争をしているのは事実です。そのため、基本的には他社の契約を自社に切り替えてもらうかが保険会社にとって売り上げを伸ばす手段になります。 そのため、基本的には保険見直しの必要が無いかを確認しますが、熾烈な競争をするからこそ、補償内容が毎年拡大し、数年もすれば時代遅れの商品になってしまうため、保険診断をしてもらうと、必ずと言って良いほど改善点を指摘されてしまうのです。 イメージは、携帯の機種変更やパソコンが数年で使い物にならないのと同じくらい進化しているからです。

目覚ましい進化を続ける医療保険

保険見直しで一番価値のあるものが、医療保険です。 従来は、入院後の通院しか補償にならなかったものが、近年では入院をしなくても病気で通院するだけで補償の対象になったり、高度先進医療という健康保険では対応出来ない治療方法に対して、高額になる自己負担を100円程度の保険料で補償してくれるものが最近のトレンドになっています。 保険見直しは煩わしいところがあるかも知れませんが、生命保険や医療保険は健康の時しか保険見直しは出来ません。病気になってからは保険見直しをしない方が良かったり、出来なかったりするため、健康な間は進化した補償に切り替えることが可能なため、2年から3年に一度は新しい補償が出来ていないかなどを専門家に見てもらうといでしょう。

Copyright (c) 2015 ローンや保険のポイントを抑えて賢く利用する all reserved.