ローンや保険のポイントを抑えて賢く利用する

保険相談の注意

保険相談のときに注意したいこと

FP(ファイナンシャルプランナー)や保険相談という言葉をよく耳にするようになりました。生命保険では外資系やWEB系の台頭もあり様々な保険プランに見直しする方も多くなっています。 保険相談窓口で生命保険の見直しをするときに注意したいことは掛け金の安さや先進医療特約などに釣られて手術給付金特約を外してしまうことです。保険相談では複数の会社の商品を比較検討して相談に乗ってくれますが細かい手術給付金まで触れることはあまりありません。結果的に請求件数の多い白内障・大腸ポリープ・レーシックなどを対象外とした契約に変更してしまい、いざ請求すると保険金が下りないというケースが多く見られます。 今後は給付対象外となる手術がより多くなると見込まれます。保険相談は賢く使えばお得ですが、お任せにせず自分でも具体的な給付対象を確認するようにしましょう。

賢く行う保険の見直し

生命保険の見直しを考えている場合、保険相談を誰かにすることは、簡単ではありません。 専門知識がなければ現在加入中の保険をどう見直しするかもとても難しいのです。 大事なことは担当の営業員にきちんと保険相談をすることです。まずは現在の保険をよりよく見直しをするとどうなるのか資料を作成してもらうことが肝心で、その内容を見ながら希望にそった内容に近づけていくことです。 また、他社保険会社などに保険相談をし、見積もりを出してもらうことも大切といえます。場合によっては、他社に乗り換えたほうが内容的に最新になり、保険料が安く済む場合もあります。最近ではインターネットや各保険会社などにより、保険相談窓口などもあり、どの保険をどう見直しすることが、契約者及び被保険者に良いのかを詳しく説明してもらえます。

Copyright (c) 2015 ローンや保険のポイントを抑えて賢く利用する all reserved.